インターネット関係の資格試験

インターネットの普及と共に、インターネット関係の資格も現れてきました。なによりも有名な資格に、CIW(CERTIFIED INTERNET WEBMASTER)というものがあります。

この資格の試験は世界70カ国で実施されており、つまりは世界に通用する資格ということです。だれでも受験でき、1998年に始まってから現在、約8万5千人がこの資格を取得しています。世界的資格とはいえ、この中でさらに区分されています。


ですから、初心者から上級者まで、また、その職種によって選択するかたちとなります。受験費用が多少他の資格よりも高いですが、それでも今後さらに有用となってくる資格なのではないでしょうか。

またその他の資格として、i‐Net+といものがあります。こちらもインターネット・エンジニアの実務標準資格といえます。これは1999年に日本から始まった資格ですが、世界で行われており、現在世界で約2万2千人がこの資格をもっています。


主に通信講座やスクールでの勉強となります。試験費用は高いですが、合格率は45%と大変高いので、インターネットのエキスパートとしての資格としてとるのによいかもしれません。

このほかにもモバイル検定や、インターネット検定ドットコムマスターなどの資格があります。

パソコン関連の検定試験や資格試験

近年、パソコン関連の検定試験や資格試験の数が増えてきたと思います。パソコンを使った専門分野の資格が増えてきたからではないでしょうか。パソコン関連の資格は、この資格を持っていないと仕事が出来ないということではなく、あくまでも自分のスキルを示すためのものです。

では、どんな検定試験や資格試験があるのでしょうか?国家試験から民間ベンダーの試験までいろいろあります。一般的に会社などで通用する資格として、国家試験なら初級システムアドミニストレータ試験、マイクロソフト主催のオフィス・スペシャリスト試験、P検(パソコン検定試験)などが人気があります。

特にオフィス スペシャリスト試験は就職のときに持っていると有利になる場合があるので人気がある試験の一つです。この試験は実際にパソコンで操作をしながらの試験になりますので、しっかりと機能をマスターしていないと合格しません。また、試験終了後すぐに合否が分かってしまうというのも特徴です。

こういったソフトメーカー主催の認定試験は他にも多く存在します。日ごろ使っているソフトの認定試験があれば是非受験してみてはどうでしょう。その勉強をすることで、さらなるスキルアップにもなりますからね。またシステム系の資格試験を目指すなら、国家試験を取ると会社での評価や就職・転職時にもかなり有利になります。頑張ってみましょう。

情報処理技術者試験について

情報処理技術者試験とは、国の情報処理の促進に関する法律に基づき、経済産業省が認定している国家試験です。情報処理に関する業務を行なう者の知識や技能の水準を測る目的で行なわれています。情報処理を開発する技術者や利用するエンドユーザーのための試験として、いくつかの段階に分けられて試験が実施されています。

情報処理技術者試験の最大の目的は、技術者全体の能力の向上であり、区分が何段階にも分かれていることにより、技術者にさらなる目標や刺激を与え続けることにあります。また、国家資格としての社会的認知度も高く、企業や官庁などでの就職や地位向上の際の大きな指標となっています。

情報処理技術者試験は、大きく5つの分類で試験を実施しています。情報システム開発に関わる主体的役割を果たすための専門的知識・技能や、それを評価する立場のための知識、また、情報システムの利用者側の知識・技能を図るなどに分類されています。その中でさらに細かく14区分に分けた試験内容になっています。

情報処理技術者試験のメリットは、企業への就職の際に資格所有が考慮されるという点や、学校によっては合格者に奨学金、授業料免除などの優遇措置をとってもらえるという点が大きいでしょう。上級資格については、企業から一時金や資格手当てといった報酬を受け取れる場合もあるようです。

資格試験に関連した無料レポート・小冊子

パソコン関連資格試験を中心に資格合格に役立つ無料レポートを集めてみました。受験の計画を立てる際や、勉強に行き詰まったときなど参考になるレポートを探してみてください。

本試験で泣きたくない方へ贈る9つのプレゼント

このレポートでお話しすることは、全て資格試験合格に必須の知識です。しっかり読んで、本試験に備えてください。

▼第17回ビジネス実務法務検定試験2級
 97点/100点 合格!

▼17年度宅地建物取引主任者試験
 43点/50点 合格!

本試験で泣きたくない方へ贈る9つのプレゼント


読むだけで頭がよくなる!秘密の3ステップ

私が難関国家試験を目指していた時、
「最近記憶力が落ちてきた・・・」
「もう時間がない!!徹夜で頑張るしかない!!」
そのような嘆きともとれる言葉をよく耳にしました。

私は、「そうだ。やるしかない!!やればなんとか合格できるよ」そう言いながら、のんきに彼女とデートをしておりました。しかし、楽々難関国家試験に合格!!!

というのも、私は、オリジナルの記憶術を開発していたからなのです。

子供のために、そしてあなたの資格習得のために、93パーセントの人が知らない勉強方法を知りたい方は、まず無料レポートを読んでください。

読むだけで頭がよくなる!秘密の3ステップ

資格に関するコラム

資格と仕事

著 者: 武相荘翁


資格を取るための通信講座のパンフレットが、
時々、新聞にはさまって来ます。

それをみてみると、世の中には、
こんなにもたくさんの資格があるのかと思うぐらい、
様々な資格があります。



資格といっても、

職業に付く上で、絶対に必要な資格(教師、医者など)、

仕事をする上で身に着けておいたほうが
よいと思われる資格(簿記の資格など)、

ハッキリ言って、
どうでもいいような資格と色々あるわけですが、

資格を取る目的はしっかりともっておかなくてはなりません。



医者などのように、
目的が明確な資格は良いと思いますが、
資格手当てが目的で資格を取る人は、
正直どうなんだろうかと思います。

資格マニアの人を何人か知ってますが、
ITのベンダー資格のように、
有効期限が3年などのように
設定されているものも多いようです。

様々な資格を取るのは良いのですが、
有効期限がある資格を
再度取り直し続けるのは面倒ですね。

一度取った資格なのですから
勉強のしなおしも簡単ですが、
何十個も資格を持っている人は大変でしょう。



業務でその資格の知識を使わなければ、
忘れてしまいます。

業務で使用しない資格なら、
勉強のしなおしも大変で悲惨です。

資格マニアの方は別ですが、
資格を取る時は、取得後でもいいですから、
自分でその資格を活かせるプランを練らなければ、
資格を取る実質的な意味は全くないと思います。



***********************************************
徒然なるままに、翁覚書
http://shachou.seesaa.net/

original article
http://shachou.seesaa.net/article/31282361.html
***********************************************


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。